2017年3月18日(土)に関西フロントエンドUGさん主催の Frontend Conference 2017 にて「ウェブを構成するUIの品質とHTML」というお話をさせていただきます。

Frontend Conference 2017 2017年3月18日、大阪にて開催

Frontend Conference はスピーカーを公募しているカンファレンスですが、昨年の Frontend Conference 2016 に引き続き2年連続で選出していただきました。ありがとうございます。

お話する内容は、ウェブサイト/アプリのUIの品質とはどういうものか、についての私見ポエムと、UIの品質の基礎的な部分を担うHTMLやDOMの構築について主に実装面からお話する予定です。お話する時間は30分なので細かい実装まではお話できないかもしれませんが、なるべくポエムに終始しないようにしようと考えています。

今年の1月に転職して主な戦場が、受託でのウェブサイト制作から自社サービスのウェブアプリケーション開発に変わり、業務ではHTMLではなくJavaScriptやJSX(Reactの方)ばかり書いていますが、考えが変わらないどころか、やはり基本はHTMLなのだという考えをより一層強くしました。

実際、いま担当しているサービスはいわゆるモダンな感じで開発されていますが、基礎のHTMLがとてもしっかりしていますし、品質を担保するコンポーネントの作り方にもなっていますので、その辺もご紹介できればと。

カンファレンス自体は、他にも豪華な14のセッションやハンズオンや座談会が企画されていて、しかも無料!!!!!ですので、お時間のある方はぜひお越しください。私は懇親会まで参加するつもりです。

申し込みは PassMarketのFRONTEND CONFERENCE 2017 一般参加 & 懇親会 からできるようです。