accname オンラインもくもく会を開催しました

以前から読もう読もうと思っていたAccessible Name and Description Computation 1.1を読む機運ができたので、オンラインもくもく会を開催して読みました。

accname オンラインもくもく会 - connpass

平日の昼間にオンラインでやる勉強会、よかったです。わりと集中して読めた気がしました。就業後だとやっぱり疲れがあるんだなって思いました。


Accessible Name and Description Computation 1.1という仕様はアクセシビリティオブジェクトのnameプロパティとdescriptionプロパティをどのように計算するか、という仕様です。

ウェブの一般的な技術で言えば、HTML内のテキストノードや、いくつかの属性の値、またCSSの疑似要素のcontentプロパティの値、WAI-ARIAのいくつかのプロパティの値から計算されるのですが、その計算方法を知ることで、いくつかこれまでおまじない的に理解していたことの根拠が得られて大変有意義でした。

ツイート貼り付けになりますが、学んだことを

後者の言及箇所は、次の箇所です。

  1. Check for CSS generated textual content associated with the current node and include it in the accumulated text. The CSS :before and :after pseudo elements [CSS2] can provide textual content for elements that have a content model.
    • For :before pseudo elements, User agents MUST prepend CSS textual content, without a space, to the textual content of the current node.
Step 2 F Ⅱ - Accessible Name and Description Computation 1.1

この記事を書きつつ改めてハッシュタグを見直しつつまとめていると勘違いに気がつく...

やはり最終的に accname 何もわからない、にたどり着く...